相続税・贈与税の情報

2013年08月05日
教育資金の一括贈与の非課税制度
2013年06月07日
生前贈与について
2013年04月05日
平成25年税制改正―相続税・贈与税を中心に―
2013年01月17日
相続対策について
2012年11月12日
名義預金の防止と保険料贈与プラン
  • お客様の声
  • 弁護士による相談対応はこちら
  • 相続税の基礎知識
  • 個別相談会
お問い合わせ
会社概要
〒600-8177
京都市下京区烏丸通五条下ル
大阪町391 第10長谷ビル8階

>>会社概要の詳細はこちら

>>アクセスマップはこちら

相続、贈与に関するご相談対応地域
京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県
※他のエリアの相続相談は事前にご連絡下さい。

クリニック様向けサービス

低価格型 トータルサポートサービス

事業承継をご検討のへ

新着情報

 

今年も、きちっとした贈与を行いたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

 そこで、今回は、相続税対策の基本中の基本・・・暦年贈与・・・

特に、相続税の調査でよく問題になる名義預金を回避する効果的な暦年贈与の方法について

ご紹介したいと思います。

 

 

平成24年度の税制改正の主な項目は以下の通りですが、

増税項目・減税項目それぞれが直接、経営や生活に影響する可能性がありますので、

それぞれの項目を上手に活用して経営や生活に活かせるようにしたいものです。

 

 

 

 

 

昨年の12月10日に平成24年度税制改正大綱が閣議決定されました。

相続税・贈与税についての大幅な改正は見送られましたが、

住宅取得等資金贈与の特例が継続・拡充の見込みです。

 

お子様やお孫さんが戸建て住宅やマンションなどの住宅を取得する際に、

必要な資金の贈与に対する贈与税の非課税枠(平成23年度は1000万円でした)を

設ける特別措置が継続・拡充されそうです。

 

今回はこの内容をご紹介させていただきます。

 

昨年の12月16日に、政府税制調査会から平成23年度税制改正大綱が発表されました。

この改正大綱では、法人税、所得税、相続税など

多くの税目において注目すべき改正案が盛り込まれています。

1  2

このページのTOPに移動